読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's Not About the IP

- IP(Intellectual Property), Computer Technology, Ocean Life, Triathlon, and more

ソフトウェア特許はなぜプログラマに信用されないか

という問いに対する残念な答えのひとつは、
プログラムを書いたことのない人が、ソフトウェア特許の権利書たる特許明細書を書いているからです。
ソフトウェア特許の明細書だけで食っていくというのは
なかなか成り立たないので、電気全般、または機械ものなんかもひととおり扱う人が
たくさんの分野の一つとしてソフトウェアもやっているのが現状です。

彼らはオブジェクト指向という概念を知りません。
オームの法則知らないで電気回路を語ってるようなもんです。
的を射るわけない。

それで権利化できているのも現状です。

あと、単純にソフトウェア特許自体の歴史が浅いのでルールが明確でなく、審査官の「なんとなく」に左右される場合が多いとかもあるようです。