読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's Not About the IP

- IP(Intellectual Property), Computer Technology, Ocean Life, Triathlon, and more

知的財産制度の胡散臭さを説明するヒント

今日はやろうと思っていたことがあったんだけど、
昨日呑み過ぎて体だるいし頭痛かったので、
家でグズグズしている。


で、私はだいたい昼飯をくいにいくときには
部屋にある本を適当にもっていくのだが、
今日は保坂和志の『途方に暮れて、人生論』を
持って、麻婆豆腐定食を食ってきた。



それで、帰ってきてからもそのまま、
この本をグズグズと読んでいるんですけど、
やっぱ、超、良いわ。保坂和志。大好き。


で、228ページからの「カネのサイクルの外へ!」という題の
文章の中に、これが私が知的財産に感じる胡散臭さの理由なんじゃないか?
ということが書かれていて、ハッとした。


と、いうか漱石の『我輩は猫である』の一説が紹介されているんだけど、
そこで、昔のギリシャ人は非常に体育を重んじたので、あらゆる競技に貴重なる
懸賞を出していた。しかしながら、学者の智識に対して褒美を与えたという
記録はない。これはなぜか?という問いがあって。


この問いに対するアリストテレスの回答が紹介されている。
いわく、褒美とは、その技芸よりも貴重なものでなくてはならない。
もし智識に対して報酬を与えるとしたら、智識以上の
価値あるものを与えなければならないが、智識以上の珍宝は存在しない。
智識に匹敵する褒美はないことをギリシャ人は知っていたのだ。


私は、知的財産(財産的価値のある情報、智識)を、
権力によって独占させたり権利を与える、なんて、ナンセンスですよ!
と、基本的に思っているわけなんですが
(だからこそこの知的財産という制度に興味があるわけなんですが)、
知的財産という制度の胡散臭さや傲慢さを、↑あれをつかって説明できるかもしれない。


と、いう着想を得ました。