読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシハチテキザイサンホウチョットデキル

- IP(Intellectual Property), Computer Technology, Ocean Life, Triathlon, and more

松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」をみてきた

おもろかった。
やっぱすげえわ。松尾さん。


「キャバレー」をみたときは、
ひよったかな。と思ったが、俄然、キレキレですね。


この、残酷なやりきれなさ。
そしてバカバカしさ。
残酷なバカバカしさ。


もー全部クソなんだよ、
人間なんてクソなんだよ、
みんなバカなんだよ、
でもそういうもんなんじゃね?人間って。
それでいいんじゃね?
だからいとおしいんじゃね?


生きてたって死んでたって
たいした差ないけど、
だからこそ生きてるってすばらしいんじゃね?


というね、あのバカバカしいやりきれなさの中にね、
肉詰めピーマンみたいにね、
気をつけないとピーマンくった気になって終わっちゃうけど、
愛がいっぱい詰まってるという、
それが松尾さんのいいところですよね。


あの映画は、そういう松尾さんが炸裂している、と感じました。
映画とれるんですね、松尾さん。

北野たけしよりも、すげえと思うよ。