読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's Not About the IP

- IP(Intellectual Property), Computer Technology, Ocean Life, Triathlon, and more

歌うマルコ・パンターニ先輩

マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死

マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死

稀代のビアンキ・チクリスタ、マルコ・パンターニ先輩の伝記本を読んでるんですけど、パンターニ自らが作詞し、歌った曲があるという記述を発見。まじかそんなのあんだ、と思ってggったら、ありました。これか。胸熱。


marco pantani:e adesso pedala

なんだそりゃと思いながら観ましたが…かっこいいじゃん!さまになってる!!
ラップのライムもフローも良い感じですね。イカス。

マルコは1995年のミラノ〜トリノのワンデーレース中にコースを逆走してきた車と正面衝突し、リハビリ中の1996年にはジロディタリアを無念の欠場。しかし既に人気者だったパンターニは、なんとジロディタリアの放送権を持つテレビ局にこの年の放送テーマ曲を依頼されてエンターテナーぶりを発揮、という流れらしい。

リリックは自分で書いたみたいですね。「ペダロ!ペダロ!」のとこがすき。
そういえば、学生の頃にイタリアに憧れて、NHKイタリア語講座をテキスト買って観たりしてたなあ。さっぱり忘れたけど。サイクルロードレース熱とともに、またイタリア語を勉強したいなあとかちょっと思ったり。

しかしこれも、ネット上で日本語訳を探してもみつからないですね。
僭越ながら、少し翻訳を。自転車愛、レース愛のあふれるリリックになっております。

E ADESSO PEDALA -Marco Pantani & Marcello Pieri
Apro gli occhi e sono su
il gruppo e lontano non lo vedo già più
pedalo pedalo arrivo alla cima
al Tour e alla Vuelta penserò domattina
la rabbia mi spinge mi porta distante
in salita e in discesa mi mangio un tornante
dietro e davanti mi applaudono in tanti

Vorrei restar sempre così
in maglia rosa e poi
in mezzo le moto sorpassano
la fatica tocca solo a me
ma ho voluto la bici e adesso

E adesso pedala
la bici l'ho voluta io
e tiro la volata ormai

眼を開き、上り続ける
集団ははるか後方、俺の独走だ
回せ!回せ!山岳の頂上目指して
ツールやブエルタのことは少し忘れよう
衝動が俺を掻き立てる
アップヒルダウンヒル、ヘアピンカーブも食い尽くす
前から後ろから拍手と称賛に包まれる

マリア・ローザは俺のもの
涼しい顔したオートバイが俺を追い越していき
俺だけがこんなに汗をかいて必死に自転車をこいでる
でもずっとこれを待ち望んでたんだ

そして俺はまた自転車をこぐ
これを待ち望んでたんだ
そして最後まで自転車をこぐ


e adesso pedala, sigla pantani giro 1996