読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's Not About the IP

- IP(Intellectual Property), Computer Technology, Ocean Life, Triathlon, and more

イルカの島・御蔵島にいってきたよ

御蔵島とは

御蔵島にいってきたのでレポートなど。

御蔵島東京湾から200kmほど南の伊豆諸島、三宅島のちょっと先にある島で、潮の関係とかで野生のイルカが何十頭だか何百頭だか周辺に住み着いていて、頑張れば一緒に泳げたりします。

これだけ交通手段の発達した今でも飛行機でブーンとはいけなくて、東京の竹芝桟橋からでている船に乗って8時間かけていく。さらに御蔵島の桟橋は海に開けたところにポツンとあるので、海の状況によっては船が桟橋に接岸できず、8時間かけて行ったのに島に降りられずに帰ってくることもあるという、そういうところ。逆に帰るときは船が接岸してくれなければ帰れなくて延泊を余儀なくされたりもする。しかしそれでも人は御蔵島に向かう。なぜならそこにイルカがいるからだ! 

というわけで私が諸々のネットサービス使うときにアイコンとして使っている写真はここで野イルカと一緒に泳いでいるときに撮ってもらったものだったりするのですが、また行ってきました。金曜に昼間は仕事をしてから夜の22:00過ぎに東京を出る船に乗ると、(運が良ければ)土曜の朝に御蔵島に着き、土曜いっぱい島で遊んで、(運が良ければ)日曜の昼に御蔵島を出る船に乗って、日曜の20:00過ぎ頃には東京に帰ってこれるので、ギリギリ会社休まずに土日だけで行って帰って来れる。


大きな地図で見る

出発

今回の土日は東京から伊豆諸島まで大雨、雷の予報。海も荒れ気味で、欠航ではないが当然のように条件付出航。条件付出航というのは、上述のような理由で、とりあえず出るけど接岸できるかどうかわかんないよ、接岸できなくてそのまま帰ってきちゃうかもよ、という出航。まあこれはいつものことだ。たぶん着くだろ(てきとう)。


というわけで乗船し、荷物を置いてデッキへ。さようならTOKYO!


船の客室は特等〜2等まであるのですが、だいたいいつも一番安い2等の雑魚寝部屋。こんな感じ。

船の8時間はまあ長いけど寝てればわりとすぐ。気がついたら三宅島三宅島から御蔵島までは1時間くらい。三宅島にはけっこう立派な港があるので、実はここで降りて、漁船に乗っけてもらって御蔵島にいく、という裏ルートもないのではないのですが、まあ着くだろ(てきとう)。ということでそのまま乗船。

着いた


ハラハラしつつも着いた!イエーイ!しかも晴れてる!イエーイ!

つうわけで下船。


さようならTOKYOといったけど、この島も行政区は東京都。車は品川ナンバー。都知事選とかも投票権あるんでしょうね、きっと。


今回もお世話になる宿。宿というか宿だけど普通に人ん家。
荷物を置いて一息ついたら海に。今回は水深6mまでいけるというiPhone用のプチハウジングをもってきた。

AQUABOX(アクアボックス) for iPhone

AQUABOX(アクアボックス) for iPhone

(ディスプレイのところだけブヨブヨになっていて、タッチパネルの操作ができる)

こいつで野イルカを激写し、海上から「いるかなう」のポストをツイッターに!という野望があったのですが、結果として海上には電波が届いていなくてポストできなかった。

泳ぐよ

泳ぎに行くといっても野イルカは野良だけにどこにいるかわかりません。漁船を出してもらい、グルグルとイルカを探しながら、イルカがいたら降ろしてもらうというスタイル。ちなみに、環境を壊すとか色々の事情から、タンク背負ったスキューバダイビングはできません。泳ぎ勝負の巣潜り。


出航。水キレイ。


御蔵島は全周が切り立った崖のようになっていて、所々に滝が流れている。これがまた風光明媚。
イルカは野生だし誰かが餌付けしてたりするわけでもないので、いないときはいないのですが、まあ大体いますね。いなかったことはないですね。

iPhone撮影)
ホラいた!船止めてもらってスイム。

iPhone撮影)
いたいた。野イルカ。あいかわらず優雅だなあ。スルーされたけど。しかしこのiPhoneハウジング、使えるんだけど、ちょっと潜ると波の衝撃やら水圧やらでブヨブヨの操作部が勝手に押下され、水中では操作できないのでスナップショットの画像撮るのはムリ。しょうがないから水上で動画撮影を開始して、撮影状態で海に入るしかない。が、それでも水に入ると水圧等で勝手にボタンが押されるので、勝手に止まっちゃう。ちょうムズイ。なんとか撮ったのはこんな感じ。

iPhone撮影)
これも途中で止まってた。イルカの機嫌とかにもよるのですが、だいたい5mくらい巣潜りできて泳いでると、イルカも興味持って近寄ってきて、こんな感じで一緒に泳いだり回ったりできます。

潜っているとイルカが寄ってきて、ピクピクッ!とするのが遊ぼうぜ!の合図。一度ロックオンすると、こっちがいろいろメチャクチャに浮いたり沈んだり回ったりしていても、イルカがピタッと着いて来てくれていて、イルカと顔を見合わせながら泳げる。こっちは泳いでいると頑張っても1分とかしか息が続かないから、息を吸いに水上に上がるときには、イルカが、えーもう息続かないのー?みたいな顔しているようにみえる。一回息吸いに上がっちゃったら、だいたいイルカはもうどっかいってる。


イルカロックオン中の私。右手に持ってる黄色いのが↑アレに入ったiPhone。泳いでいるときに瞬間的には6mくらい行ってたと思うけど、水没はしなかったですね。素晴らしい。

今回も一緒に行ったご近所さんが、iPhoneじゃなくてちゃんとしたカメラで動画撮ったのをyoutubeに上げてくれたのでリンクはっときます。こんな風に撮りたかった。

のんびり

島は全周16kmらしい。来週の湘南国際マラソンに出る予定なので、走っとこうと思ってシューズとか持ってきたんですけど、今回は何気に海の状態が悪くなく、イルカに出られる回数が多かったので走る暇なかった。けど、走ったら気持ちよさげな舗道があるっぽいことはわかった。


最近?できた雑貨屋兼軽食屋。遠くに三宅島が見える。

土曜の夜は宿でガーガー寝て、日曜に起きたらのんびりしつつも午前中に一発泳いで、昼。


御蔵島の桟橋。


船きた。接岸できるかなできるかなー。


着いた着いた。ありがとうございました、また来ます御蔵!

今回は土曜の午前、午後、日曜の午前と計3回泳いだ。無事に日曜昼の船が接岸したので、土日だけで行って帰ってこれました。良かった良かった。


帰りの船で夕日を眺める。こんな大きな自然の中で、弁理士試験の口述失敗したことなんて小さい小さい!…ってそんなに簡単に割り切れるもんでもない!やっぱり落ち込むわ!とか思っているところ